公認会計士試験(法令科目)

公認会計士試験の特徴

公認会計士試験の仕組みは複雑ですので、しっかり理解した上で学習の計画を立てましょう。

(1)短答式試験と論文式試験
公認会計士試験には短答式試験と論文式試験の2種類があり、短答式試験に合格後に、受験が可能になります。この二つを合格することによって、公認会計士試験に合格したといえます。

(2)短答式試験、論文式試験の一部又は全科目における免除
短答式試験、論文式試験で、その一部又は全科目受験が免除される制度があります。
詳しくは短答式試験の免除論文式試験の免除をご覧下さい。


二重整形

二重にはなりたいけれど、痛いのが苦手なのでできるだけ二重整形は避けたいと思っている人はきっとたくさんいる事でしょう。

手術を行う場合でもそれほど心配する必要はありません。埋没法なら手術とは言え、切る必要はありません。ただ、糸で止めるだけです。そして、注射よりも細い針を使用する事が多いので痛みは少ないでしょう。

また、二重整形では手術を行う時には麻酔を行うので手術中は痛みを感じる事はほとんどない様です。痛いのが苦手という人におすすめなのがプチ整形です。